日米の履歴書の差異から見えてくる、アメリカ流人材確保術とは?

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェイスブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)など、多くのアメリカ企業が、世界時価総額ランキングの上位を占めています。 
アメリカ企業の躍進にはさまざまな理由がありますが、その一つに人材の採用方法があげられます。
人材を採用するのに必須となるのが、履歴書です。 
今回は、日米の履歴書の違いから見えてくる、アメリカ企業流の優秀な人材を確保するためのノウハウを探っていきます。

 

お電話でのお問い合わせ

052-973-3903(平日9:00~17:00)

運営:株式会社ビジネスサポート/川﨑税理士事務所

名古屋経理クラウドサービス

メール、LINE、チャットワークでのお問合せは 24 時間受け付けております。
お問合せいただきましてから土日祝日を除く平日 24 時間以内にご連絡させていただきます。