『就活ルール』廃止で揺れる企業の採用活動。人材確保の鍵とは?

2018年10月、日本経済団体連合会(経団連)は、いわゆる『就活ルール』の廃止を発表。
現場の混乱を考慮し、2021年春の新卒者までは現行ルールを適用することが決定しましたが、2022年春以降の新卒者に対しては、政府主導による新たな就活ルールがつくられることになりました。 
なぜ、経団連はこれまで定められてきた就活ルールの廃止を掲げたのでしょうか。 
今回は、就活ルールの問題点とともに、中小企業における採用活動のポイントをご紹介します。

 

お電話でのお問い合わせ

052-973-3903(平日9:00~17:00)

運営:株式会社ビジネスサポート/川﨑税理士事務所

名古屋経理クラウドサービス

メール、LINE、チャットワークでのお問合せは 24 時間受け付けております。
お問合せいただきましてから土日祝日を除く平日 24 時間以内にご連絡させていただきます。