もしも災害で備品が壊れたら? 法人における『災害損失』

地震や火災などの災害で会社の備品が壊れた場合、その修繕費や補填費用、事後処理費などは会計上、『災害損失』に含まれます。 
災害損失は、その事業年度の損金に算入できるものですが、それには細かな条件が設定されています。 
今回は、不測の事態が起きた際の災害損失について、ご紹介します。

 

お電話でのお問い合わせ

052-973-3903(平日9:00~17:00)

運営:株式会社ビジネスサポート/川﨑税理士事務所

名古屋経理クラウドサービス

メール、LINE、チャットワークでのお問合せは 24 時間受け付けております。
お問合せいただきましてから土日祝日を除く平日 24 時間以内にご連絡させていただきます。