もし調査対象になったら? 税務署の『反面調査』で留意すべきこと

ある会社が税務調査の対象になったとき、その会社の取引先に対して行われるのが『反面調査』。
自社の税務調査で取引先に調査が入るケースもあれば、逆に相手先の税務調査で自社に調査が入るケースもあります。
取引先との関係を悪化させないためにも、できれば反面調査となるのは避けたいものですが、万が一入ることになってしまった場合、どのような対応が必要となるのでしょうか。 
今回は、反面調査を受けた際の対処法、留意点などをご紹介します。

 

お電話でのお問い合わせ

052-973-3903(平日9:00~17:00)

運営:株式会社ビジネスサポート/川﨑税理士事務所

名古屋経理クラウドサービス

メール、LINE、チャットワークでのお問合せは 24 時間受け付けております。
お問合せいただきましてから土日祝日を除く平日 24 時間以内にご連絡させていただきます。