今年6月に民泊新法が施行! 民泊を副業にする際の利点と注意点

近年、個人が自宅の一部などを旅行者に貸し出す“民泊”が注目を集めています。 
これを受け、2018年6月15日に『住宅宿泊事業法(民泊新法)』が施行される予定です。 
これまで、民泊を営業するには“旅館業法に基づく簡易宿泊の営業許可”や“特区民泊の認定”などが必要でしたが、民泊新法の施行により条件や手続きが簡易化されます。 

今回は、民泊を副業とする際の利点と注意点について、ご説明します。

 

お電話でのお問い合わせ

052-973-3903(平日9:00~17:00)

運営:株式会社ビジネスサポート/川﨑税理士事務所

名古屋経理クラウドサービス

メール、LINE、チャットワークでのお問合せは 24 時間受け付けております。
お問合せいただきましてから土日祝日を除く平日 24 時間以内にご連絡させていただきます。